男の人

災害に備えるために|地震予測情報サービスを活用しよう

未来の災害に備えるツール

日本列島

地図で自分の地域を確認

日本は地震大国です。その為、地震調査委員会が政府にはあります。その調査委員会が作製した全国地震動予測地図というものが公開されています。ハザードマップとも連動しており、性能は高いですが一般人が活用するには難易度が高い予測地図です。上手く活用できると、目的地域の30年間の地震発生確率を数字で確認できるようになります。この予測地図は、Googlemapと連動しています。その為、自分の自宅付近でも数字で確認できます。実はこの予測地図をより活用するには、この様に自宅付近など、地点名で調べた方が詳しく分かります。震度5以上の確率の触れ幅が、26%から100%と広いです。大雑把に地域を見るとこの様に大きな幅の確率しかわかりません。以上の事から、日本地図で見ずに、Googlemapをメニューから選択して、見やすい地図表示で目的地域を選択すると、詳細がわかります。また、これ以外にも地震を予測するアプリなどがリリースされています。必要に応じて使い分けるとよいでしょう。30年間の内、震度5以上の地震が発生する確率なので、明日起きるかもしれません。1つの目安として、今から防災の準備をしておく事は重要です。防災では2点の視点が重要です。1つが家の家具の配置。家具が転倒して身動きがとれない事を防ぎます。ストッパーで固定したり、手の届く所に懐中電灯やガラスを踏まない為に、スリッパを用意しておきます。2つ目が家から出た後です。飲料水や食糧の備蓄です。持ち運びやすいリュックで、普段から用意しておきます。救助が来るまで平均3日と言われています。3日分の食糧と飲料水は必要です。

身を守るために

災害

地震が予測され、緊急地震速報が流れてから実際の地震がくるまで約数十秒です。そのため日ごろから防災グッズを用意しておきましょう。緊急時の持ち出し用や、安全を確保してから必要になるものなど分けておきましょう。避難場所や、家族との再会場所など、今いちど情報を確かめておきましょう。

もしもに備えて

地震

いつ鳴り響くか分からないのが緊急地震速報という地震予報です。そんないざという時に大事になってくるのが防災グッズです。自治体やお店などのホームページで防災グッズのリストが乗せられているので、それらを参考にしっかりと備えておきましょう。

情報を知ることが大切

男性

現在地震研究者たちの間でも、ピンポイントで地震予知を行うことは不可能と言われています。しかし、電子基準点の長期的なデータを観測し、微妙な地表の異常変動を捉えることで近い将来に起きる地震に備えることができます。一般の方でも分かりやすい予知情報を得ることで、防災意識を高めることができます。